2014 01

2014年のキャッシング事情

今年のキャッシング事情について少しお話します。ご興味のある方は読んで下さい。

金融・貸金業界にも一度は不況の風が吹き荒れていましたが、今年になり幾らか上方修正がされ始めている模様です。

消費者金融(現在はコンシューマーファイナンスと言います)での貸金が、少し増えてきているそうです。

キャッシングをカードローンという名目にしたり、様々な形で総量規制の対象外にして、金融業者は一般人にお金を借りて貰うよう工夫しています。

そういった意味では、今年はキャッシングがまたし易くなるタイミングでもあるかもしれません。

金利に関しては去年と然程変わりは無いです。殆どの会社が18パーセントで貸していると思います。

10万円を1年借りていたとすると、1万8千円上乗せして返済する、単純に計算するとそうなります。

90年代の劣悪な"サラ金"産業と比較すれば、随分いい時代にはなりました。

あたりまえですが、それでも借金をしないに越したことはありませんね。


| キャッシング 返済 |

  • seo
FX
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。